大学入試改革 センター試験を刷新へ



私立中高一貫校専門の家庭教師(首都圏唯一)

大学入試改革 センター試験を刷新へ

大学入試改革にあたり中教審が答申しました。
それは、センター試験を刷新への方向です。

 

 

中央教育審議会は22日、大学入試を改革するよう下村博文文部科学相に答申しました。
毎年50万人以上が受ける大学入試センター試験を、今の小学6年が高校3年になる2020年度実施分から新しくすることなどが大きな変更点です。

 

 

センター試験の後継は「大学入学希望者学力評価テスト(仮称)」。
暗記した知識の量ではなく、思考や判断など知識の活用力を問うものです。
このため問題は国語、数学といった教科の枠を超え総合的なものとなるのです。

 

 

解答方式はマークシートを使った選択式から、一部を記述式に変更します。
また年に1回だった試験回数も複数回にし、「一発勝負」にならないようにする方向です。

 

 

答申は知識量だけを問う学力試験の禁止までは明記していないのですが、センター後継テストの成績を活用するよう勧めたり、論述形式の導入を例示したりして、事実上、変更を求めたのです。

 

 

一発勝負の受験テクニックだけでは通用しなくなる可能性が高まりますが、それは地道に勉強を重ねている受験生にとってマイナスではありません。

 

 

塾や家庭教師の教え方にも大きな変化はないはずですが、ただ単に詰め込み勉強だけでは難しくなること請け合いです。
私立中・高専門の家庭教師一橋セイシン会なら、今までの方針に大きな変更はないはずですが、それでも新たな受験対策やテクニックが求められてくることでしょう。

 

 

勉強の仕方そのものが問われていくことになると思いますが、ただ単に受験のための勉強ではなく、社会に出てからも通用する人間になるための勉強と考えれば何も恐れることもないわけですね!

 

 

関連ページ

私立中・高専門の家庭教師 一橋セイシン会
私立中・高専門の家庭教師 一橋セイシン会が特別に注目されるわけは、その独自の指導システムをおいて他なりません。
中2数学は夏が勝負
中2の数学は夏が勝負です。
夏休みと勉強嫌い
夏休みと勉強嫌いについて考えてみましょう。
慶應義塾大学への受験
慶應義塾大学への受験は、私立大学最難関でしょう。
私立中学・高校専門の家庭教師一橋セイシン会 この秋大きく伸ばすために
私立中学・高校専門の家庭教師一橋セイシン会では、この秋大きく伸ばすために更に力を込めて子供たちの学習意欲向上のために努力してまいります。
私立中学・高校専門の家庭教師一橋セイシン会 勉強嫌いとやる気
私立中学・高校専門の家庭教師一橋セイシン会は思います。 勉強嫌いとやる気は、相反するように見えますが実は同じ所で繋がっているのです。
私立中・高専門の家庭教師 一橋セイシン会 料金
私立中・高専門の家庭教師 一橋セイシン会の料金は、完全月謝制を取っており、その費用は入会金、授業料、講師の交通費の3点のみです。 その他の不明な追加費用は一切ありません。